風疹の抗体検査・予防接種(風疹の追加対策)について

displaynone

お問い合わせ

0797-25-1347

お知らせ
News

風疹の抗体検査・予防接種(風疹の追加対策)について

2019年6月 2日

 抗体保有率が低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対して風疹の予防接種が始まりました。まずはワクチン接種前に抗体検査を受けていただき、抗体を持たない方にのみワクチン接種を行います。

・抗体検査、ワクチン接種の どちらも無料です。
・検査、予防接種には芦屋市より送られてくるクーポンが必要です。
・当院では抗体検査は予約不要です。予防接種は予約制とさせていただきます。受診の際はクーポンと住所確認が可能なもの(保険証や免許証など)をご持参ください。

 

風疹は発熱、頭痛、倦怠感、鼻水、せき、などとともに発疹が出現する感染症です。発疹が出てくる以外は通常の風のような症状ですが、恐ろしいのはその感染力が非常に高いこと、さらに妊婦の妊娠初期の感染は胎児に先天性風疹症候群を引き起こします。

先天性風疹症候群の典型的な三大症状は、心奇形・難聴・白内障です。生まれてくる子供さんに とても大きな障害を引き起こします。

知らないうちに 風疹に感染し、人にうつしてしまう ということが起こらないために、対象となる男性の方は積極的に検査、予防接種をしましょう。

ページトップへ