ブロック注射等の治療方法とペインクリニックの対象疾患

displaynone

お問い合わせ

0797-25-1347

対象疾患
Disease

治療内容について

ブロック注射

組織の変性が原因である整形外科疾患は痛みをとることが治療の第一目標となります。ブロック注射は痛みの原因となっている部位、痛みの原因となっている神経の周囲に注射をすることにより

① 組織の血流が豊富になること
② 炎症反応が軽快すること
③ 痛みの連鎖が解消されること

でつらい痛みを改善します。数回の神経ブロックを行うことで効果の増強が期待できます。

芦屋ピッコロ診療所では硬膜外ブロック、超音波(エコー装置)を用いたブロック注射をおこなっています。

超音波を用いることで注射をする対象、そして周囲の血管の位置など避けなくてはならない臓器を画像で把握できるため、安全・確実にブロック注射を行うことができます。さらにより少量の薬でブロック注射を行うことが可能なため、合併症の危険性が低下します。

芦屋ピッコロ診療所では非常に細い針を使用し、できる限り苦痛のないように努めています。

頸椎の模型
頸椎の模型+針
頸椎の超音波
超音波

上の写真のように対象物が可視化されます。院長は超音波ガイドでのブロック注射を専門にしており、多数の学会発表・論文発表を行っております。

内服・漢方薬治療

内服・漢方薬治療

漢方薬を西洋薬に併せてもしくは単独で使用します。

頭痛の予防薬、びりびりした痛み(神経の痛み)、腰痛、坐骨神経痛、膝の痛み、肩の痛み、肩こりなど整形外科疾患の治療薬はしばしば副作用として眠気が出る、ふらつきが出ることが多いため、使いづらいことがあります。

漢方薬を適切に用いることにより、痛み止めの薬の副作用(ふらつき、眠気)を減らすことが期待できます。もちろん、体質改善することで、つらい痛み・しびれなどが治癒します。

お薬は基本的に院内処方を行っております。一部、院外薬局をご利用いただいております。

ページトップへ