群発頭痛

displaynone

お問い合わせ

0797-25-1347

対象疾患
Disease

頭痛・顔の痛み

群発頭痛

我慢できないほどつらい頭痛が眼球付近で起こります。あまりの痛さに落ち着きがなくなってしまうほどです。


眼の奥をえぐりとられるほどの頭痛がおこるともいわれます。

こんな症状が起こります

  • ・眼の奥、眼の周囲に強い痛みが起こります
  • ・頭痛が起こるとあまりの痛さに落ち着きがなくなる
  • ・頭痛と同時に耳鳴り、流涙など目の症状、鼻汁などの症状が出てくる
  • ・飲酒をすると頭痛が起こる

 

群発頭痛とは

群発頭痛はある期間のみ、ほぼ毎日、強い頭痛が15分から180分の間起こります。群発頭痛は一定の期間、多く場合、1か月程度続きます。
群発頭痛の起こる時間帯は夜~明け方に起こるという方が多いです。また、群発頭痛の起こる期間が過ぎてしまうと頭痛は起こらなくなります。

群発頭痛は、頭痛が起こる時期の飲酒は確実に頭痛を引き起こします。さらに群発頭痛が起こっているときは耳鳴り、流涙や結膜の充血、まぶたの腫れといった目の症状、鼻汁などの症状を伴います。

治療
群発頭痛が起こった時にはトリプタン製剤の内服や注射、点鼻薬が有効です。さらに群発頭痛が起こっている期間(群発期と呼ばれます)のみ、漢方薬と西洋薬の内服をしていただくことで群発頭痛の起こる回数の減少しますし、群発頭痛が起こった際にも頭痛の程度が軽くなります。同時にブロック治療を行うことでさらに高い効果が期待できます。

※ 群発頭痛より短い時間に起こる類似した頭痛もあります。その場合は群発頭痛とは異なった治療を必要とします。

群発頭痛なら、芦屋ピッコロ診療所にお任せください。神戸からもアクセス便利です。

腰痛、頭痛、肩、膝痛などの整形外科疾患の治療を得意としています。

神戸市東灘区、西宮市、苦楽園、尼崎市からもアクセスが便利です。甲南山手・夙川からも沢山ご来院頂いてます。

痛むのはどこですか?

  • 頭痛・顔の痛み
  • 肩こり・肩の痛み
  • 首・腕の痛み
  • 腰痛・膝、足の痛み
  • 帯状疱疹・神経障害による痛み
  • 風邪の症状
ページトップへ