三叉神経痛(顔面神経痛)

displaynone

お問い合わせ

0797-25-1347

対象疾患
Disease

頭痛・顔の痛み

三叉神経痛(顔面神経痛)

食事の際、会話をするとき、歯磨きで上顎、下顎にビリッとした強い痛みはありませんか?

 

顔面の感覚は三叉神経という神経を通じて脳に信号を送っています。しばしば顔面神経痛といわれますが、正しくは三叉神経痛です。非常に強い痛みなので日常生活に支障をきたします。

こんな症状がおこります

  • ・食事の際、話をする際、歯磨きの際に顔面(頬、下顎、前額部)にびりっとした強い痛みが走る
  • ・口を動かしたり、口周囲の特定の部分に触れたりすると強い痛みが起こるため、食事や飲水、会話、歯磨きなどができない

三叉神経痛とは

顔面の感覚をつかさどる三叉神経に何らかの刺激(血管によるものが多いです)が加わることで痛みを生じます。ごくまれには腫瘍などが痛みの原因になることがあります。

治療
・MRIなど画像検査を受けていただくことがあります。
・内服薬(テグレトール®など抗けいれん薬、五苓散)は一定の効果があります。
・痛みが強い場合、内服での副作用が強い場合は神経ブロックを行います。

三叉神経痛(顔面神経痛)なら、芦屋ピッコロ診療所にお任せください。神戸からもアクセス便利です。

腰痛、頭痛、肩、膝痛などの整形外科疾患の治療を得意としています。

神戸市東灘区、西宮市、苦楽園、尼崎市からもアクセスが便利です。甲南山手・夙川からも沢山ご来院頂いてます。

痛むのはどこですか?

  • 頭痛・顔の痛み
  • 肩こり・肩の痛み
  • 首・腕の痛み
  • 腰痛・膝、足の痛み
  • 帯状疱疹・神経障害による痛み
  • 風邪の症状
ページトップへ