急性腰痛(ぎっくり腰)

displaynone

お問い合わせ

0797-25-1347

対象疾患
Disease

腰痛・膝・足の痛み

急性腰痛(ぎっくり腰)

腰は上半身を支えている重要な部分です。そして、ふとした動作で腰に体重の何倍もの荷重がかかります。

 

こんな症状はありませんか?

  • ・物を持ち上げた時、くしゃみをした時などふとした動作で突然腰に強い痛みが走って動けなくなった
  • ・横になって安静にしていると腰痛はおさまっている。
  • ・少しでも動くと腰に痛みが走る
  • ・急に起こった腰痛で歩くのがつらい

 

原因
腰を構成している腰椎の骨自体や腰椎の椎間関節、椎間板、筋肉、靭帯、背側の内臓などのいずれかにトラブルを起こしています。
筋肉がひきつれているだけのことから腰椎の骨折といった様々な原因で起こるので、"なんだかおかしい"、"足の動きがいつもと違う"、"発熱を伴う"などの症状があるときは必ず受診してください。

治療
症状が軽い場合
・安静、痛み止めの内服(漢方薬、西洋薬)や湿布で軽快します。
症状が強い場合
・ブロック注射は痛みを遮断することで筋肉の緊張がゆるみ、血流増加が促されることから、二次的な痛みを取り除く効果も期待できます。ブロック注射によって痛みが素早く軽快します。

急性腰痛(ぎっくり腰)なら、芦屋ピッコロ診療所にお任せください。神戸からもアクセス便利です。

腰痛、頭痛、肩、膝痛などの整形外科疾患の治療を得意としています。

神戸市東灘区、西宮市、苦楽園、尼崎市からもアクセスが便利です。甲南山手・夙川からも沢山ご来院頂いてます。

痛むのはどこですか?

  • 頭痛・顔の痛み
  • 肩こり・肩の痛み
  • 首・腕の痛み
  • 腰痛・膝、足の痛み
  • 帯状疱疹・神経障害による痛み
  • 風邪の症状
ページトップへ